更新
                                          2024-06-01 Home
                                          2024-05-29 Blog
                                          2024-05-01 Home
 


版画工房N組は2012年に兵庫県の但馬地方の小さな村に設立されました。世代の異なる3名のスタッフでユニットを
組んで共同制作をしています。ここは小さな集落とはいえ、周りには50を超える大小の古墳群があります。
自然の美しいこの環境を考え、私たちは廃棄された物を再利用してRe・Recycleをモットーにオルタナティブを志向
した版画工房の活動をしています。合理的になりすぎた今の時代に、もっと物語性にとんだ版画を提供したいと考え
ております。最近は手作り再生紙でブック・アートの制作も始めました。
楽しい版画物語がこの小さな村から発信出来ればと考えています。


今月のN組版画 (5月)




                                        《オアシスの発見 Ⅸ》2024
                                         N組製手漉き再生紙+楮上にコラグラフ
                                         H/15.5×W/22cm  Edition :1/1
 
 オアシスの発見

 この砂漠地帯の水不足は 総ての生命体存続に危機的な状況であった
 数々のオアシスの水が枯渇し そこに住む部族たちの生活が脅かされていた
 しかしある小さな動物が広大な砂漠の中に蒸気が立ち上る大きな水の穴を発見
 砂地の穴の周りには すでに少しずつ苔が生え緑の植物すら育っている
 この動物の知らせで あちこちから他の動物達も新たな水場に集まり出した
 偶然にも部族の酋長が動物の不思議な行動に気がつき その後についていった
 その後 人間は動物と争わずに共存しながらオアシスで生き延びる事が出来た


 ©版画工房WERK-STATT N組


今月のN組版画 (4月)




                                         《大地の耳 Ⅲ》2024
                                          N組製手漉き再生紙+楮上にコラグラフ
                                          H/23×W/31.5cm  Edition :1/1
 
  
 大地の耳

 人間の自然環境破壊でこの地方一帯は急速に森林が枯れ 砂漠化が進んでいた
 大地の地下には沢山の空洞があり 人間の耳に似た機能をもっていたが 
 長い間 地上で起こる様々な音を 大地の耳は聞く事が出来なかった
 走り回る動物達の足音 森の植物たちが根から吸い上げる独特な水音
 風の音や雨が地上を打つ音 そして人間が生み出す人工的な雑音の数々……
 最近は人間も今までの間違いに気がつき 自然環境にも配慮するようになり
 岩や大地に緑の苔や植物が蘇り 再び大地の耳は音が聞けるようになった



 ©版画工房WERK-STATT N組


今月のN組版画 (3月)




                                         
                       《Chocolate工場 VIII》2024
                        N組製手漉き再生紙+楮上にコラグラフ
                        H/22×W/15.5cm  Edition :1/1

  
 Chocolate工場

 いま世界中でチョコレートの大ブームが起こっている
 その美味しさは 人類に味覚革命に近い影響力を発揮し
 美しいチョコレート包装デザインは 若い世代層には悲鳴すら上がる
 その例をみない味の美味しさには 気絶する人すら現れているそうだ
 しかし製品の素材や生産方法はまったく公開されず 極秘で誰にも分からない
 そしてチョコレート工場はきまって各国の廃村地帯など目立たない場所にあり
 以外と地球外生命体の集団がここを占拠して 活動しているのかも知れない



 ©版画工房WERK-STATT N組