更新
2019-01-18 Profile,Biography
2019-01-17 Home,Blog
2019-01-01 Home




版画工房N組は2012年に兵庫県の但馬地方の小さな村に設立されました。世代の異なる3名のスタッフでユニットを
組んで共同制作をしています。ここは小さな集落とはいえ、周りには50を超える大小の古墳群があります。
自然の美しいこの環境を考え、私たちは廃棄された物を再利用してRe・Recycleをモットーにオルタナティブを志向
した版画工房の活動をしています。合理的になりすぎた今の時代に、もっと物語性にとんだ版画を提供したいと考え
ております。最近は手作り再生紙でブック・アートの制作も始めました。
楽しい版画物語がこの小さな村から発信出来ればと考えています。


今月のN組版画 (1月)




                        《ひら〜けごま Ⅳ》2018
                         N組製手漉き再生紙+楮上にコラグラフ
                         H/22×W/15.5cm  Edition :1/1


ひら〜けごま

呪文「開けゴマ」は「アリババと40人の盗賊」の物語に登場し
盗賊が隠した宝物が、呪文を唱えると岩の扉が開いて出てくるお話です
私たちは「ひら〜けごま」の呪文を、未知の見えない扉に向かって唱えて
もっと思いがけない楽しい物語が出てくるのを期待します
工房での作業は常に手を動かし、頭の体操を怠らず、自然を観察し
これからも真っ白い紙の上で、未知の冒険の旅を続けていきます
今年も新たな物語が、紙の上で展開出来ればと…….「ひら〜けごま」

Blog



「新・童美展2018-19」が兵庫県立美術館ギャラリー棟で明日から開催LinkIcon

今年も新・童美展の作品審査会にN組全員で…



N組版画のPhantomLinkIcon

2日間すっかり寒くなった工房で…



あさご芸術の森美術館のグループ展に参加LinkIcon

今週、新作の版画制作の合間に…



BOOK ART展に新作折り本で参加LinkIcon

9日より山崎書店2Fの京都パラダイスで「BOOK



工房周辺の住人たち 7
LinkIcon


近頃この辺りの村では、あまり見かけられなくなった…


Information

<古墳のある村の版画工房で交流会>

年に一度のオープン工房、交流会の開催について





2019年から年に1回版画工房N組を開放し、スタッフと皆様
の楽しい交流会を開催します。
詳しい内容や日程などは、このHPで前もって広報をいたします。

お問い合わせは下記のメールにご連絡ください。
N組 e–mail:LinkIconwerksn@muse.ocn.ne.jp






from 2015/06/01
visitors :