版画工房 WERK-STATT N組の活動


工房独自のオリジナル版画共同制作、工房独自の版画用再生紙の製作
ワークショップ:子ども〜大人対象のコラグラフ・モノタイプ版画、銅版画、紙漉きなど
展覧会:国内、海外での版画工房WERK-STATT N組版画の展覧会、児童絵画展などの企画展
レクチャー:版画分野を超えた幅広いテーマのレクチャーを開催、人との交流活性化
出前授業及び出前ワークショップ:小学校、幼稚園、文化施設などの他、幅広い分野

福知山のまぃまぃ堂でN組版画展が始まりました

November,18 2020


コロナ対策をしていただきながらのスタートになります。
お店でも定期的な換気や消毒液の設置などを行い、感染予防に努めております。
このような時期ですが、初日にもかかわらず近隣はもちろん遠方からもお越しいただいた方々に感謝いたします。落ち着いた空間で作品をじっくり見ていただき、短時間でしたが久しぶりに楽しい一時を過ごすことができました。


<アルメニア高地から吹く風>
長岡國人 MINI写真集/2012-2019 A5サイズ・22ページ

長岡國人が8年間に渡り、世界文化遺産アルメニア(十字の石)の拓本記録を実施中に
アルメニア各地を旅して撮った写真とテキストがMINI写真集としてまとめられ、版画工房N組が出版しました。これは十字の石拓本プロジェクト記録集を出版する前に、未知の国アルメニアを紹介する写真集です。近いうちに拓本記録集がヨーロッパで出版も予定中ですが、日本でも出版できることを願っています。
まぃまぃ堂で販売を開始しました。お求めの場合はN組まで。

21日(土)は<ゴミから再生されるRe版画>+交流会を16時から少人数で開催します。










<アルメニア高地から吹く風>
長岡國人 MINI写真集/2012-2019
表表紙・裏表紙



2020N 新作版画用紙デビュー!

November,11 2020









8月に漉いたN組オリジナル版画用紙(再生紙)を使い、版画制作をしました。
しばらくお休みしていた宇宙シリーズが再復帰!出来たての手漉き用紙に印刷
するのは、少し緊張感がありましたが、うまく刷ることができました。
手漉き和紙に新しい物語が生まれます。
来週から始まる、まぃまぃ堂(福知山)の版画展も様々な版画物語が登場します。
今回制作したテキスト付きの新作折り本2冊は12月に山崎書店(京都)で行われる「BOOK ART展2020」にも出展します。ご期待ください。


宇宙船クジラ号

September,14 2020





きのうできた新作版画の一部。「宇宙船クジラ号」と名付けよう!
クジラの大きな口でパックリとNが食べられそう。
でも、まず〜いエサですよ。消化不良を起こしますよ、クジラくん。
制作中に思いついたショートショートです。


8回目の紙漉きで小事件

August,08 2020


梅雨明け後の厳しい暑さの中、年に一度のN組オリジナル版画用紙(再生紙)を漉きました。今年も丹後二俣和紙さんを訪問し、楮100%の繊維を特別にご提供頂きました。最初は順調にスタートしていましたが、3日目の午後に雨が降り出し、一時作業中断。こんな天気は初めて。天日乾燥中の紙を屋根下に大急ぎで移動するなど大変な思いをしました。天日干し台として、今年は薪ストーブ用の大きな切り株を使いました。
ふと気がつくと玉虫が二匹も再び現れ、切り株の蜜を吸っていました。さらに紙漉き作業で泥沼化した庭の土の上には、アオスジアゲハも卵を産みつけに訪れました。
ハードな紙漉き作業中に周りの自然の生き物たちの姿を見るのも心地がよい。熱中症対策の補給には、畑の赤紫蘇を使った自家製の赤紫蘇や梅シロップ寒天、梅酢ドリンク、そして桑、びわ、柿の葉などに、よもぎ、どくだみ、ミント、タイムなどを加えた10種類もの薬草を自前ブレンドした健康茶で元気をつけ、あと数日頑張ろう!














N組工房周辺の住人たち 12

August,05 2020


明日から一年に一度の版画工房N組の紙漉きが始まる。庭でその準備をしていると、どこからか突然玉虫がわたしたちを訪問してくれた。めったに人の目には触れないキラキラ輝く緑色の美しい昆虫には感激、すぐにスマートフォンでパチリ。この写真は玉虫が飛びたつ瞬間です。昆虫図鑑を調べると、玉虫は7月、8月の昼間に活動するようで、エノキやケヤキの葉を食べるそうだ。工房脇の土手には大きなケヤキの木があるので、その葉を食べにきたのかも知れない。習性としてケヤキの高い所に集まるようですが、残念、そんな高い所までは観察出来ません。それでも庭に下りて来てくれたのは、暑い庭でウロウロしているわたしたちを元気付ける訪問だった様な気がします。こんな美しい生き物を見ると、新たなイメージが沢山湧いてきます。
玉虫君どうも訪問ありがとう。






銅版画プレス機の再稼働

July 20, 2020


コロナ禍の影響でしばらく休んでいたプレス機に再び活動してもらいます。
今月中にもう一度と思い、新作版画を刷りました。物語性のある楽しい大型版画が
できました。HPの今月の版画でご紹介できると思います。
梅雨明け後には、1年に1度のN組自家製版画用紙の紙漉きを予定中。
早く梅雨が明けて、夏の空が見たいです!







どてかぼちゃ

July 18, 2020


早朝の散歩で土手にかぼちゃを見かけ、ほっこり!heart
思わず浮かんだ素人俳句です。えぬこは自信満々かな?






N組工房周辺の住人たち 11

July 01, 2020


工房で楽しく新作版画を刷っていると、突然大雨が降り出した。ラジオから聴こえていたレディー・ガガの歌声もこの雨音で台無しだ。昼時には雨も上がり、何気なくアトリエ入り口にある、近所の子ども達のために設置した黄色い落書き用コンパネ板上に緑のカエル達が集まっている愉快な姿を発見しました。皆はお腹をへらしているのでしょうか?ここは一晩中電気が灯り、虫たちの集まる場所でもあるのです。
どうやら昼間からその虫を狙ってカエル達が集まっているようです。看板下の地上には、先ほど田んぼのオタマジャクシからカエルの姿に変わり、まだ少し尻尾が残っているものすらいるのです。驚いたのは、大きなモリアオガエルの頭の上に何と小さなアマガエルが乗っているではありませんか!金色の大きな目をしたモリアオガエルもまんざらではなさそうです。その近くにもアマガエルたちが何匹もいて何とも微笑ましい集団です。感動的なのは、カエル達種族がお互いに共生して生きている姿です。もちろん工房の庭や畑の草むらには獰猛な蛇達もカエルを狙っています。それでもみんな一生懸命に今を生きている姿を見るのは素晴らしいものです。午後の私たちの版画制作にも力が入ります。











N組工房周辺の住人たち 10

June 25, 2020


コロナウィルス対処のための自粛も解除され、3ヶ月ぶりにN組スタッフ3名全員が工房に集まりました。私達も再びあらたな版画制作の活動を始めました。昨夜は満天の星の下、工房の横を流れる小川の畔でホタルの乱舞を見学しました。自然は確実に静かに従来の活動を行なっています。川の横は神社の深い森で夜は暗黒の闇で、ホタルのゆっくり動く光がとても綺麗です。私達はホタルの成長することに興味があったので、次の日の昼間に小川の水中観察を行ないました。近くの山から流れ出した冷たい綺麗な水中に、ホタルの幼虫がエサとするカワニナを沢山発見しました。夜のホタルの姿は撮影が難しいので、工房周辺の住人たちとして、水中に住むカワニナを紹介いたします。ちょっとカワニナに失礼して、しばらく撮影のため葉っぱの上に並べてみました。黒々としたカワニナの姿以外にドングリと小石も含まれます。さて何匹カワニナがいるでしょうか?もちろん撮影後に、すぐにもとの小川に戻しました。
来年のホタルの幼虫が沢山育つように願いながら。水中には小魚、小エビ、サワガニなどまだまだ沢山の仲間たちがいます。







N組工房周辺の住人たち 9

May 01, 2020


しばらくぶりの工房周辺の住人たちのご紹介です。今回はタケノコ君の登場です。
動物だけではなく、工房周辺には沢山の植物の住人たちも住んでいます。最近はタケノコ君たちが、集落の住人たちの話題です。やはり旬の味には敏感な人間だけではなく、イノシシたちも人間以上に早く、竹林の根元をほじくり返して穴だらけ。何せ奴らは嗅覚が敏感だから。昨夜は雨が降ったので、今朝は6時起きで出かけました。
あちこちにニョキ、ニョキと顔を出しているではありませんか。
タケノコ君、お早う。今日はイノシシより早かったので君たちを掘り返すよ!今夜はタケノコご飯かな〜あ?ああ、昼間から口の中は唾液がいっぱい。夜まではもう少し工房での制作です。






ベルリンの土産 Baumkuchen

February 29, 2020


長岡先生は仕事で3週間ほどベルリンへ行っておりました。留守番をしていたN組スタッフへのお土産はベルリンに1852年からある老舗店Buchwald(日本語直訳=本の森)のバウムクーヘンでした。ドイツ語ではバウムBaum=木、クーヘンkuchen=ケーキです。いわゆる木の年輪のようなお菓子です。2年前にブレーメンでN組展があった後、ベルリンを訪問した時に皆でシュプレー川の辺りにあるBuchwaldでコーヒーを飲みました。日本のものとは違いどっしりとして重いのです。表面にはシュガーコーティングがされ、シナモンのような微かな香りがし、やや甘めです。賞味期限が3ヶ月と長いのは甘さと関係があるのかな?切り方は3段ある節目で輪切りにして少しずつ切っていただきます。日本人はなぜバウムクーヘンが好きなのでしょう?
昨今のドイツ人はあまり食べないと聞きました。





「緑色の冬」

January 21, 2020


2020年がスタートしました。
例年なら工房周辺は雪で真っ白です。しかし今年は野菜や雑草の緑が鮮やかです。
こんな冬は初めてです。地球温暖化現象のあらわれでしょうか?
新年の初刷りはジャングルの溢れる緑になりました。緑色でスタートします!
N組はこれからも未開ジャングルを探検し、新たな発見をしたいなぁ〜。



2015年2月の工房


2020年1月の工房
(ロウバイの香りのする庭から)



緑色の冬の版ができました


「新・童美展2019」が兵庫県立美術館ギャラリー棟で開催中

December 06, 2019


「新・童美展」の作品審査会に私たちN組スタッフも全員参加いたしました。
大阪、奈良、姫路、舞鶴、遠くは鹿児島などの全国の幼稚園から約3000点の出品が
ありました。6歳以下の子どもたちの自由な発想から生まれた作品が美術館の床一面
に並べられ、審査会が行われました。その後、保育造形の会の先生方によって展示され、会場全体に作品からこどもたちのエネルギーを感じさせられました。
今年も審査、ポスター・チラシ製作、記録写真の撮影にN組スタッフ全員が協力いたしました。


新・童美展2019
2019年12月6日(金)8日(日)
6日(金)13:00-18:00
7日(土)10:00-18:00
8日(日)10:00-15:00
兵庫県立美術館ギャラリー棟3階










2019 震災復興支援チャリティー作品展に参加

November 25, 2019


あさご芸術の森美術館友の会主催の9回目の震災復興支援チャリティー作品展に私たちも出展しました。美術館の手前にあるギャラリー四季彩で開催されました。
地元や兵庫県内の作家による絵画、版画、写真、彫刻、陶芸、書などの作品が販売され、売上金の一部は被災地の支援に充てられます。今回初めてN組も参加し、少額ですが、売り上げの一部の寄付に協力させて頂きました。地元の美術関係の方々と交流しながら、少しでも被災地の皆様方の活動を応援することができたらと思います。






【越境/内藤絹子】展が東京で始まりました

November 4, 2019


11月1日より「3331 Arts Chiyoda」(東京・千代田区)のGallery OUT of PLACE TOKIOで開催中です。「3331 Arts Chiyoda」は旧中学校跡で活動するアートセンターです。東京で初めての現場制作を行なった展示になります。
2日(土)にはオープニングが行われました。1ヶ月間の展覧会です。








年に一度のN組交流会開催

October 23, 2019


今年から年に一度の交流会を開催しています。今回は但馬地方からいつもN組を応援し
て下さっている方や親子対象のワークショップに以前参加して頂いた方などが来てくださり、和やかな会となりました。写真は工房を案内して、畑の隅にあるビオトープの見学を終えたところです。皆さんにN組工房の自然環境に共感して頂けたようです。
川沿いの土手で採れた大きな丹波栗の栗ご飯や美味しいお料理の差し入れもあり、秋の味覚も楽しみました。秋の味覚といえば、今の時期にしか味わえない但馬産の黒枝豆も旬です。工房周辺にも黒豆畑があります。
自然の恵みに感謝しながら、来年もこのような会をしていきたいと思っています。










東京で初めてのN組展がスタート

September 6, 2019


東京・日本橋の三越から近い通りにあるギャラリー砂翁でN組展が始まっています。
ギャラリー周辺には老舗和菓子店の文明堂や日本初の仕出し弁当店があり、下町の雰囲気が残っています。東京でのN組展は初めてでしたが、地元の人々や長岡先生のご友人のドイツ人作家、精華大版画出身の先輩、そして長野や山梨、神奈川、但馬地方からもお越し頂きました。砂翁(すなのおきな)という素敵なお名前の元、和やかな雰囲気で話が弾みました。地下のキャンドルショップ・トモスにも展示しています。
期間は来週13日(金)までです。